不眠症の自己流改善方法

_0122-yuki-dark

昔から不眠症で、いろいろと試してきました。ホットミルクに蜂蜜を入れて飲んでみたり半身浴をしてみたりストレッチをしてみたりリラックス効果のある音楽を聞いてみたり・・・
寝なきゃ寝なきゃと思えば思うほど余計に眠れない負のスパイラルでした。
けれど、眠れない日がどれほど多くても眠れる日は必ずあり、それは
・日中に運動を長時間して疲れ切っている
・自分に都合のいい妄想をしまくる
という時でした。
一つ目の運動はまあ身体が疲れているので当然と言えば当然ですが、学生の時なら(体育の授業や部活だけでなく遊んだりもできるので)難しくありませんが社会人になるとそんな長時間体を動かす事は時間的に難しくなります。特に事務職だと身体を動かすどころか一日のほとんどの時間をデスクに縛り付けられているようなものです。
なので、私は徒歩で移動する営業職に転職しました。(それだけが理由ではありませんが・・・)
仕事と運動の両方が出来、夜はぐっすり眠れ、しかも長時間の有酸素運動でダイエットにもなり一石三鳥でした。
その後結婚し退職してからはまた不眠症の日々が戻ってきました。
家事は身体をそれほど毎日酷使するほどは使わないし、パートやアルバイトも長時間身体を動かすような営業や引っ越し作業などには雇ってもらえません。
眠れない夜には寝よう寝ようと思い詰めたり色々と悩み事などマイナスな事を考えてしまうのですが、そこで二つ目のせっかくだから楽しいことを考えるようにしようと思いつきました。
例えば宝くじが何億円当たったら・・・ロト7なら最高8億、8億円あればさすがに働かなくても一生大丈夫だけど高額当選した人は使いすぎて自己破産してしまうらしいから慎重に使わなくちゃ、じゃあ5億は貯金しよう、でも一か所に預けるのは不安だから国内海外の銀行に分けて預けて、残りの3億で家を買って家族で一度だけ豪華な海外旅行に行って、残りは年に一度だけ決めた額を手元に置いてそれで生活するようにして・・・と考えているうちにいつの間にか寝てしまいます。
ちなみに娘も遺伝なのか小学生の時から不眠症気味でしたが、この方法を教えると「アイドルの○○君に街中で出会って・・・」と想像しだしてすぐ寝れるようになったようです。
今では「眠れなくても目を瞑って横になってさえいれば体は休めているんだから大丈夫!」と思えるようになりましたが、眠たいのに眠れない不眠症はとても辛いものです。
せめて楽しく改善出来ればと思います。

不眠症の治し方!私はこうして不眠症を解消しました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする